尿の濁り

尿の濁り

尿が濁るという症状について
問題がない尿の色は、透明で黄色がかっています。尿が濁る白濁病は、尿の成分であるリン酸やシュウ酸といった塩類の結晶化、尿路感染、血尿によって起こっていることが多くなっています。また、女性はおりものによって濁ったように見える場合もあります。

尿が濁る原因

食生活による尿の濁り

特定の食品を過剰摂取することで、飽和したリン酸やシュウ酸などの塩類が結晶化して尿が濁ることがあります。ホウレンソウ・ゴボウ・ココア・バナナ・動物性脂肪の多い肉などのタンパク質を食べ過ぎると尿にシュウ酸カルシウムの結晶ができて尿が白濁します。こうした濁り自体には問題がありませんが、結石ができやすい状態です。食生活を見直すことで結石発症リスクを下げられます。受診して尿検査で濁りの原因を確かめ、改善のためのアドバイスを受けておくことをおすすめしています。

女性に起こる尿の濁り

女性はおりものや生理の血液によって尿が濁って見えることがあります。性器にかゆみや違和感、排尿痛、頻尿などの症状がなく、一時的な濁りの場合にはそれほど神経質になることはありません。ただし、濁りが続くようでしたら他に症状がなくても慢性膀胱炎などを発症している可能性がありますので、当院までご相談ください。

性病による尿の濁り

尿の濁りは性病(性感染症)によって生じることもあります。20代の淋菌・クラミジアが長く増加傾向にあり、10代の発症も増えてきています。他の症状がほとんど起こらない場合も多く、気付かないまま感染が広がっています。性感染症には男女ともに不妊の原因になるものがあり、放置していると母子感染を起こす可能性もあります。男女の症状の強さや内容が異なることも多いため、パートナーの治療も不可欠です。

血尿による尿の濁り

膀胱炎や尿路結石など、感染や結石によって尿路の粘膜が傷付いて出血し、血尿によって尿が濁って見えることがあります。肉眼ではわからない程度の血尿でも濁って見えることがありますが、その場合も尿検査によって出血の有無がすぐにわかります。

尿の濁りを起こす主な疾患

尿が濁る症状を起こすのは、主に腎臓、尿管・膀胱・尿道といった尿路、男性の前立腺に生じる疾患です。感染症、炎症、結石、がんなどによって起こることがあり、感染症が進行した場合には膿が混じって濁りが強くなります。

腎臓結石・尿管結石

腎臓でシュウ酸や尿酸などが結石になり、それが細い尿管に降りてくると粘膜が傷付いて出血し、尿の濁り、血尿、頻尿、残尿感、排尿しにくい・時間がかかるなどを起こします。尿管にある特に狭い部分に結石が詰まると、腰や背中、わき腹に突然激しい嫌みを起こすことがあります。痛みだけでなく、吐き気や嘔吐、冷汗などを生じることもあります。

腎盂腎炎

腎臓に細菌が感染して炎症を起こしていて、尿中の白血球数が多くなって白濁します。排尿痛、高熱、血尿、背中や腰の痛み、吐き気・嘔吐などを起こすことがあります。膀胱炎を繰り返したり、冷えや疲労などで免疫力が落ちたりした場合に感染が広がりやすく、膀胱炎を発症しやすい女性に多い傾向があります。

急性膀胱炎

尿の白濁に加え、頻尿、排尿の最後に起こる排尿痛、血尿が主な症状です。尿道口から入り込んだ細菌が膀胱粘膜に感染して発症するため、構造的に尿道が短い女性の発症が多くなっています。再発しやすいためしっかり治すことが重要であり、そして尿意を我慢しない・過剰な洗浄は控えるなどの予防も必要です。慢性の膀胱炎は自覚症状に乏しいため、注意が必要です。また尿がたまった際に痛みを生じ、排尿で解消する場合には間質性膀胱炎が疑われます。

尿道炎

性感染症である淋菌やクラミジア感染によって急性の炎症が起こっている場合がほとんどを占めます。放置していると尿道が狭窄して尿を出せなくなる危険な状態になることがあります。男性に多いのですが、無症状でもパートナーの女性が感染している可能性が高いため、パートナーの検査・治療も不可欠です。

淋菌感染症

淋菌による性感染症で、男性が感染すると尿が出はじめた時に強い痛みを起こします。また尿に黄色い膿が混ざって尿が白濁することもよくあります。女性は感染しても症状がないことがあり、軽いかゆみやおりもの程度のことが多いのですが、適切な治療を受けて治さないと母子感染で赤ちゃんが失明する可能性もあります。パートナーにも必ず検査・治療を受けてもらうようにしてください。

性器クラミジア感染症

クラミジアによる性感染症で、女性の性感染症では最も患者数が多いとされています。男性が感染すると尿が出はじめた時に軽い痛みがあります。膿が伴う場合は、少量で薄く、尿の白濁を起こします。女性には自覚症状がほとんど起こらないのですが、不妊や母子感染を起こす可能性があるため、疑いがある場合にはしっかり検査を受けてきちんと治すことが重要です。

前立腺炎

男性の前立腺は、膀胱の下、尿道に巻き付くように存在していて、精液の一部となる分泌物をつくっています。前立腺炎は、若い世代の発症が多い泌尿器疾患です。尿が出はじめる際の強い痛み、頻尿、残尿感などが主な症状です。炎症が強くなると排尿痛も強くなり、下腹部全体の痛みを起こすこともあります。他に悪寒や高熱、膿による尿の白濁も生じます。前立腺肥大症の発症につながることがありますので、早期に受診してしっかり治すことが大切です。

腎結核

結核菌が血流に乗って腎臓に感染して発症します。尿の濁りが初期症状として現れ、他の症状が起こることなく進行し、尿の濁りが強くなった場合には腎臓内に膿がたまっています。やがて40℃以上の高熱、下腹部の痛みを起こし、腎不全につながる可能性があります。当初は片方の腎臓に生じますが、もう片方や尿路にも感染が広がることがあり、早期発見が重要です。

前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん

泌尿器のがんは早期の自覚症状がほとんどありませんが、微量の血液が尿に混じって尿が濁ることで発見されるケースがあります。早期発見につながるため、尿の白濁で泌尿器科を受診するのはとても重要です。進行によって排尿に問題を生じるようになり、肉眼でもわかる血尿や強い尿の濁りを起こすことがあります。また尿意があるのに尿が出ない尿閉、男性の場合は勃起不全が症状として現れることもあります。
前立腺がんの腫瘍マーカーである前立腺特異抗原(PSA)検査はとても精度の高いスクリーニング検査であり、前立腺がんの早期発見に役立っています。血液を採取するだけで可能なため、人間ドックなどにも組み込まれることが増えています。

尿の濁りは身体からの重要なサイン

尿の濁りは重大な病気の早期発見につながることもある重要なサインです。また特に問題がない尿の濁りもありますが、その場合も尿路結石の発症リスクがとても高い状態です。食事に少し注意するだけで発症リスクを下げられますので、その意味でも尿の濁りがある場合には泌尿器科を受診する必要があります。
また、女性で尿の濁りがあり、性感染症の可能性があったら、婦人科の受診が必要です。当院では泌尿器科疾患の有無を確かめた上で、連携している婦人科のご紹介も行っていますので、お気軽にご相談ください。

食生活の注意

尿の濁りは食べ物の影響で起こることがあります。こうした場合の尿の濁りは治療の必要があるわけではありませんが、結石リスクが高くなるため食生活に注意する必要があります。
シュウ酸カルシウムによる結石ができている場合には、ホウレンソウ・ゴボウ・タケノコ・ココア・バナナや動物性タンパク質をとりすぎないように注意してください。また、シュウ酸やカルシウムの濃度低下のために、クエン酸やマグネシウムが多く含まれた柑橘や緑黄色野菜を十分にとるようにしてください。
尿酸カルシウムによる尿の濁りがある場合には、プリン体の多いレバー性交渉時にははじめから最後までコンドームを正しく装着しましょうやアンキモなどの内臓、ウニやイクラなどの魚卵、アルコールを控える必要があります。

性交渉時にははじめから最後までコンドームを正しく装着しましょう

避妊の必要がない場合にも、性交渉を行う際には最初から最後までコンドームを正しく装着してください。コンドームは性感染症の予防に役立ちます。ただし、コンドームを正しく使用していても感染してしまう可能性はあります。「もしかしたら」と思ったら早めに受診してください。

TOPへ